アップライトピアノの乾燥剤の入れ方

お盆も過ぎましたが、まだまだ湿度の高い季節が続いております。
皆様、どのようにお過ごしでしょうか?今回はアップライトピアノの一般的な乾燥剤の
入れ方、交換の仕方を書いてみたいと思います。
アップライトピアノの乾燥剤を入れる場所は鍵盤の下にある大きなパネルを開け
その内部に設置します。これは想像以上に簡単ですのでチャレンジしてみてください。

下パネルは中央の上部に矢印のような板バネで固定されています。
これは、ちょうど傘のロック機構を良く似た感じです。
このロックを解除するとパネルを開ける事ができます。
緑の矢印のバネを上に持ち上げるとロックが外れます。
そしてパネルの上部を静かに手前に倒します。

これは約45度手前に倒した状態です。
これ以上倒すと下部の固定ダボから脱落しますので開けずぎ注意です。

隙間から覗き込むと右の隅に乾燥剤を入れるスペースがありますので。
その部分に設置します。また古いものがありましたら交換しましょう。
開けた下パネルは静かに元の位置に戻すとパチンと音がしてロックが再びかかります。
以上で完了です。意外と簡単!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP